審査に通過した後はどうすれば良いのか

今の時代は、あらゆる金融機関からカードローンを取り扱っています。金融機関でなくても、流通系や、IT系なども参入し、カードローンの専用業者である賃金業者も存在します。

このようなカードローンを取り扱う企業は、ただ単にお金を貸したいのでは無くて、条件が揃う人のみの貸付となるので、しっかりと返済してくれる人だけに貸付を行っています。

その為に、どのカードローンを取り扱っている企業も、申込をすれば、審査があります。この審査に通りさえすれば、お金を借りる事が出来る許可を得たことになるのです。

審査通過は、金融企業側から見れば、許認可の意味でもあります。だから審査に通過した後は、いつでも融資を行いますよっと、金融企業は受け入れ態勢が整った形になりますので、

後は、申し込んだ本人がどうするのか、この金融企業と契約するのかしないのかと言う選択になります。

申込をして、審査は通ったけれど、利用限度額が希望と合わないので、契約しないと言って、申込した本人から、断る事も出来るのです。

そして、もしも、審査に通過してその後に、契約をしたとしても、本当にお金を借りるのかどうかは、本人次第なので、契約して直後にお金を借りなくても構わないのです。

必要な時があったら困るから、先に契約だけして置くっと言う人も居ると思います。希望限度額が10万と書いて申込をして契約をしても、その後に、お金を借りるのはたった1万でも良いのです。

審査通過は、借入出来るかどうかの審議なので、それが通ったのなら、契約するかどうかは本人次第であり、契約したとしても、お金を借りるのかどうかは本人次第であるといえるのです。

だから契約しても年会費も手数料も無料なので、申込して契約だけをしてカードローンをいつでも使えるように、カードを受け取るだけの人もいるでしょう。