経済対策28兆円超というニュースを受けて株価も為替も動きました

政府は経済対策の事業費を28兆円超とする情報が伝わってきました。当初は10兆円程度と聞いていましたが、20兆、27兆、そして28兆円と金額がドンドン増えています。

景気が悪い時には、日銀はお金を刷り、政府はお金を使う必要があります。

ところが、日本の場合は緊縮財政派が存在します。

具体的には

「行政の無駄を省こう!」

「公務員は身を切れ!」

といったようなお話です。

一見するとこれらは正しいように聞こえます。

みなさんも、景気が悪くなりそうだったら節約したくなりますよね。

しかし、景気が悪い時にみんなが節約をしたらどうなるでしょうか。

お金が世の中を回らなくなります。

確かに、サラリーマンはある程度の収入が給料として保証されています。

なので、給料がいきなりガクンと減ることはないかもしれません。

が、あまりにも景気が悪ければ、リストラ・倒産という形で収入はゼロになります。

常識に反するかも知れませんが、経済学は景気が悪い時に節約をしてはいけない、と教えているのです。

とはいえ、景気が悪い時に一人だけお金を使おうとするのは勇気もいることです。

なので、政府が旗振り役となってお金を使うべきだ、というのが経済学の知見です。

なので、額の問題は置いておいて、政府が財政支出をしようとしていることは歓迎できることだと思います。バンクイック 審査

家計を上手に見直し貯蓄する方法

住宅費や水道光熱費、保険料など、毎月かかる費用が一定の固定費の見直しを一回でもいいので行ってみるといいです。一度見直しをしてしまえば、その後も自動的に継続して、無駄を減らしていくことができます。そのためのコツ3つを書きます。コツ1は、通信費はスマートフォンとガラケーの二台を使いわけるということです。具体的には、メールとネットはスマートフォン、電話をする時にはガラケーを使うというように携帯電話を2台持ちにして、使い分けます。スマートフォンでは格安のSIMを使い、通話の時はガラケーの無料通話サービスを利用して、月々の携帯電話代を安くします。コツ2は、保険を見直して、生命保険の支払い方法を、月払いから年払いに変更するということです。支払い方法を、まとめて支払う方法に切り替えることで年間2万円ほど節約することができます。コツ3は、住宅ローンを持っている人は、その見直しを効果的にするということです。金利が低く、保障の手厚い住宅ローンに借り換えると、月々の返済額も約3万ほど削ることが可能です。その差額を貯蓄することで、年間かなりの額を貯めることができるようになります。これらのコツを踏まえて、長期的に見通しをたてた貯蓄が可能になります。総量規制対象外 カードローン 審査