金欠になる前の対処、備えあれば憂いなし

お給料はいっぱい貰っているはずなのに、毎月のことのように苦しんでいる方がいらっしゃいます。

そんな方には、金欠になってからどうするかを考えるのではなく、

金欠になっても問題ない状態に保つための工夫が必要なのかと思います。

私が考える脱金欠ルールは以下の通りです。

①nanacoやsuicaに20000円チャージしておく

②月に必ず払う料金については、少し多めに見積もり、銀行から引き落とさない

③使用頻度の高い消耗品はまとめ買いをしておく

①については食費の確保のために行います。

毎日のように掛かる食費ですが、金欠になって一番に心配する点として、食べていけるかどうかという点になります。

nanacoなどにチャージしておけば、万が一金欠になったとしても、お弁当などを買うための費用を確保しておくことができます。

お給料が入った直後など、余裕がある時に万が一の資金を確保しておきましょう。

注意点として、suicaにチャージした場合は交通費で消費されてしまう可能性があるので、

今いくら入っているか、定期券の期限は切れていないか等を使用する度に確認する癖をつけるようにしましょう。

②については必ず必要となる費用と、自由に使える費用を分けて管理するものになります。

分類しておくことでお金の管理が容易となり、また必要な費用を多めに見積もっておくことで

毎月少しずつ貯金することも可能です。

③については後々かかる費用を先に払っておくことで、②のように自由に使える費用を明確にするものとなります。

例えば毎日のようにジュースを飲む方や、タバコを吸われている方などにオススメです。

最近ではまとめ買いをすることで安く物品を販売する通販などもありますので、

そういったサイトを使用することで月々の出費を抑えることにも繋がります。

いかがでしたでしょうか。

どうしても想定外の出費が重なってしまい生活が厳しくなることもあります。

そんな時ために備えておくことも大事なのだと思います。アコム審査

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です