衣類を補修しながら着ています

お金に困ったときは必要最低限のモノだけ買って、そのほかのモノは家にあるモノをうまく活用しています。たとえば靴下に穴があいてしまったら裏側から手縫いをしてその穴を塞ぎます。裁縫が得意なので穴があったと分からないように縫うことができます。

靴下に穴が開くのは親指の部分が多いです。かかとあたりの生地が薄くなって透けるようになってきたらさすがに捨てますが、親指の先だけが破れてしまった場合はそのまま捨てるなんてもったいない!ほかの部分がきれいで生地が厚く、まだまだ使用に問題がないなら裏側からうまく縫ってしまいます。

穴を塞いでいるなんて分からないくらいにきれいに仕上げます。自分の靴下も家族の靴下もこうやって直してくたくたになるまで利用します。これと同じように、下着でもハンカチやタオルのようなモノでも、ほつれてきたり穴があいたときは縫って補修しています。

ミシンがないのですべて手縫い作業ですが、日頃から着ているモノや家族の衣類をよく点検しているのでダメージの発見が遅れることは少ないです。穴もほつれも大きくなる前に補修できるので手縫いだけで十分間に合います。こうやって衣類を使い切っているとだんだんお金が残ります。三井住友銀行カードローン 審査

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です