経済対策28兆円超というニュースを受けて株価も為替も動きました

政府は経済対策の事業費を28兆円超とする情報が伝わってきました。当初は10兆円程度と聞いていましたが、20兆、27兆、そして28兆円と金額がドンドン増えています。

景気が悪い時には、日銀はお金を刷り、政府はお金を使う必要があります。

ところが、日本の場合は緊縮財政派が存在します。

具体的には

「行政の無駄を省こう!」

「公務員は身を切れ!」

といったようなお話です。

一見するとこれらは正しいように聞こえます。

みなさんも、景気が悪くなりそうだったら節約したくなりますよね。

しかし、景気が悪い時にみんなが節約をしたらどうなるでしょうか。

お金が世の中を回らなくなります。

確かに、サラリーマンはある程度の収入が給料として保証されています。

なので、給料がいきなりガクンと減ることはないかもしれません。

が、あまりにも景気が悪ければ、リストラ・倒産という形で収入はゼロになります。

常識に反するかも知れませんが、経済学は景気が悪い時に節約をしてはいけない、と教えているのです。

とはいえ、景気が悪い時に一人だけお金を使おうとするのは勇気もいることです。

なので、政府が旗振り役となってお金を使うべきだ、というのが経済学の知見です。

なので、額の問題は置いておいて、政府が財政支出をしようとしていることは歓迎できることだと思います。バンクイック 審査

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です