家計を上手に見直し貯蓄する方法

住宅費や水道光熱費、保険料など、毎月かかる費用が一定の固定費の見直しを一回でもいいので行ってみるといいです。一度見直しをしてしまえば、その後も自動的に継続して、無駄を減らしていくことができます。そのためのコツ3つを書きます。コツ1は、通信費はスマートフォンとガラケーの二台を使いわけるということです。具体的には、メールとネットはスマートフォン、電話をする時にはガラケーを使うというように携帯電話を2台持ちにして、使い分けます。スマートフォンでは格安のSIMを使い、通話の時はガラケーの無料通話サービスを利用して、月々の携帯電話代を安くします。コツ2は、保険を見直して、生命保険の支払い方法を、月払いから年払いに変更するということです。支払い方法を、まとめて支払う方法に切り替えることで年間2万円ほど節約することができます。コツ3は、住宅ローンを持っている人は、その見直しを効果的にするということです。金利が低く、保障の手厚い住宅ローンに借り換えると、月々の返済額も約3万ほど削ることが可能です。その差額を貯蓄することで、年間かなりの額を貯めることができるようになります。これらのコツを踏まえて、長期的に見通しをたてた貯蓄が可能になります。総量規制対象外 カードローン 審査

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です