安保法案、憲法9条の改正について

とに角精勤の安部総理の鼻息の荒いことと言ったらどうしようもないと思っています。

幾らなんでも絶対に軍隊を作るぞと言う意気込みがその体全体で物語っています。

いつから総理はそんなに強靭な精神を持つようになったのだろうかと思いますが、矢張り自民党員の総意だという事を支えにしていると思うのです。ですから、絶対に選挙をして欲しいです。

安保法案が衆議院を通過したのち、どうなっていくのか自明の事です。

何とか国民としての意思表示をしたいと思っていたところ、街頭署名運動もなければ、個別の署名運動すらなされていないです。

共産党関連の病院などには署名用紙が有ったように思いましたが、定かではないです。

何かどこかで署名運動をしてはならぬと言うお達しとか、妨害工作などが行われていたのではないかと疑ってみたくなったほどです。

安部総理にはお子様がいらっしゃらなかったと思います。

この法案を通過させた国会議員の皆様はご自分のお子様や、お孫様を特別扱いで、

戦争へ駆り出すことはしないのでしょうか。

そのような合意が自民党内でなされていたりなんてことは、この民主主義国家日本で行われることがあっては断じてないものと信じています。

戦争で国を守ることは出来ないです。

其れを知っているのが被爆国日本だけのはずです。お金借りる

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です