切腹最中というネーミングが大ヒット商品に

『切腹最中』を知ったのはネットニュースでした。初め『切腹サイチュウ』と呼んでいましたが、詳しくみると『モナカ』でした。商品を見ると『モナカ』でありながら割れて中のアンコが飛び出すほど見えています。老舗和菓子店が開発して、ネーミングに関しては家族も反対し、アンケートでも違和感があると言われた『切腹最中』ですが行列ができるほど売れているといいます。一日4000個前後売れていると言うからすごい事です。私が思うのは『切腹最中』の名前と商品の見た目がまず一致していることです。もう一つは私も間違ったように読み間違いの結果だと思います。今の中年世代でも『モナカ』はそんなに食べませんし、『最中』を『モナカ』と読むのは言われてみればなるほどというくらいです。この読み間違いが興味を引いて調べて食べてみようとなっているのではないかと思います。そしてニュースで取り上げられ話題が増幅しこの結果になっていると思います。ヒット商品のきっかけは思いもよらないところにあります。そしてヒットしてもブームはすぐ去ります。生き残るのは本物だけです。かつて注文が殺到し設備投資をし工場を拡大したら注文が来なくなったという会社は多数ありました。この老舗和菓子店には勢いで販売拡大などせず自分たちの出来る範囲で頑張って、長く続けてほしいと思います。みずほ銀行カードローン 専業主婦

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です