コンビ二エンスストアの恵方巻き販売について

先日、コンビニエンスストアの恵方巻き販売について、アルバイトの方々に販売ノルマがあるという記事を目にしました。彼らは学生アルバイトであってもノルマを達成するために友人にお願いしたり、自分で買い取ったりすることもあるそうです。また、一方で、販売用に用意された恵方巻きが大量に売れ残り、沢山の食品廃棄をするという記事も目にしました。この、コンビニエンスストア(もしくはスーパーでも同様かもしれませんが)の季節商品の販売とノルマ、食品廃棄の問題は改善されるべきだと思います。まず、アルバイトの方にノルマを課して達成されなれなければ買取をさせるのは酷いです。販売目標を掲げることは大事かもしれませんが、ペナルティーがあるのは厳しいです。ブラックバイトなどと問題になっていますが、あまりに厳しい労働は政府によって規制され、見直されるべきです。
また、食品ロスの問題も見過ごせません。初めからロスの無いように準備するべきだと思います。食品を廃棄するなんてもったいないの一言です。フランスでは、スーパーの売れ残り食品廃棄禁止法が成立したそうです。日本もそれに見習うべきだと思います。その為には予約販売制にして受注生産にするとか、売れ残りそうな商品は早めに割引販売するとかの工夫が必要だと思います。そもそも作り過ぎないというのも必要です。今は食べ物が豊富にある時代ですが、食べ物を大切にすることを忘れてはいけないと思います。消費者金融 審査

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です