おまとめする事で管理を楽にする

おまとめする事で管理を楽にする

まず、まとめローンのメリットは、借り入れ先がひとつにまとまることで毎月の返済の管理が楽になるということと、現状よりも金利が安くなる場合が多いということです。

そして、デメリットの一つ目は、それほど金利が安くならないことが多いという点が挙げられます。確かに、消費者金融などから借り入れをしている場合に銀行のおまとめローンで借り換えができれば、金利は下がると思います。

しかし、実はあまり安くないということが結構あります。

消費者金融等と比較すると安くみえるため、安いと勘違いしてしまうことが多いのです。

利息制限法の上限に近い金利でおまとめローンの契約をされていたケースもありました。

金融機関は、貸し倒れリスクの高い債務者には、高い金利で貸付をします。

現在、多重債務の状態になっている債務者は、貸し倒れリスクが高いと判断されることが多いため、結局金利は高くなってしまうことが多いのです。

おまとめローンをすると、融資金で消費者金融等の現在の借金を返済します。その際、通常利息制限法による引き直し計算はされません。これも、デメリットのひとつです。

長期間、いわゆるグレーゾーン金利で取引を継続していた場合、利息制限法による引き直し計算によって借金を減らしたり、逆に過払い金を取り戻したりすることが出来る場合があるにもかかわらず、おまとめをする際には、引き直しをせずにグレーゾーン金利に基づいた計算での残額を全額支払ってしまうため、減額や過払い金返還の機会を失ってしまうことになります。

コメントする